送料無料キャンペーンを実施中!
SNS
閉じる
MENU

SOCIAL

  •  > 
  •  > 
  • vol.7 / 野球少年だけじゃない?大人もハマるベースボールキャップの魅力とは

vol.7

野球少年だけじゃない?大人もハマるベースボールキャップの魅力とは

SHARE:
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ベースボールキャップの魅力

ファッションにこだわりのある方なら、1つは持っていたいマストアイテムがベースボールキャップです。ベースボールキャップというと野球少年など子供向けのイメージがあるかもしれません。
しかし素材もデザインも子供用とはひと味違う「大人のためのベースボールキャップ」がたくさんあります。今回は、大人の方に向けてベースボールキャップの選び方やかぶり方の他に、ベースボールキャップをおすすめする理由をご紹介します。

ベースボールキャップを大人にもおすすめする理由

大人にもすすめる理由

帽子の中で高い人気を誇るベースボールキャップ。ベースボールキャップは、帽子の中でも「キャップ」と呼ばれる種類に分類されます。

キャップは元来ツバのない帽子を指しますが、その中で、前方にツバのある柔らかい帽子を主に「ベースボールキャップ」と呼んでいます。
また、帽子の正面には、球団のロゴやワッペンがついているのが特徴です。ベースボールキャップの素材は、綿やウール・ポリエステルなどの厚手のものと、メッシュ素材を使ったタイプがあります。機能面ではサイズ調節のできるアジャスター付きのものと、そうでないタイプがあるなど、それぞれ特徴を持っています。

ベースボールキャップは万能アイテム!

実は最近、ベースボールキャップの人気が「大人のメンズファッション」として急上昇しています。理由は、ストリートファッションの程よい抜け感や、普段着に変化をつけてくれるためです。フォーマルなジャケットにベースボールキャップを合わせれば、程よくカジュアルダウンでき、大人の「こなれ感」を演出できます。

老舗ブランドのニューエラをはじめ、有名ブランドが豊富にあって、クールなデザインやグルーブ感のあるもの、シンプルなものからアートなものまで幅広くそろっています。キャップはまさに、大人コーデに抜群の存在感を発揮してくれる「万能アイテム」です。この事実を知れば、「ベースボールキャップ=子供のもの」という概念は吹き飛ばされてしまいます。

大人向け「流行りのベースボールキャップの選び方」

ベースボールキャップの選び方

大人流の着こなしを追求するなら、ベースボールキャップ選びが重要です。サイズ感や、形についても注目してみましょう。

頭から浮いてこないようジャストサイズで、アジャスターつきでサイズ調整ができるものを選ぶと良いです。帽子がぶかぶかだったり、小さ目だったりするとだらしない印象を与えかねません。形状は、頭の形がきれいなシルエットになるものを選び、すっきり見せると程よい清潔感がでます。

さらにツバの部分も大事なアクセントになります。実際にかぶってみて、自分の顔とのバランスにあっているか、購入前にチェックしましょう。ツバが長過ぎたり、短過ぎたりしてもNGですが、大人コーデにはやや短めを選ぶと失敗が少ないです。

初心者でも合わせやすいシンプルデザイン

次にベースボールキャップの色やデザインの選び方をご紹介します。初心者であれば、ロゴ&デザインや色が主張し過ぎないシンプルなものがおすすめです。
自分の服とのバランスを考えた配色のものが良いでしょう。男女問わず、やはりブラック、グレー、ネイビーなどの落ち着いた色味のキャップが幅広く使えます。また、女性の方なら、デザインがシンプルなものであればビタミンカラーなどの原色も個性が引き出せてワンポイントカラーになります。

以上、流行りのベースボールキャップの選び方をご紹介しました。ベースボールキャップの中でもおすすめなものが、ニューエラのベースボールキャップです。ニューエラは、MLB(メジャーリーグ)公認の老舗ブランドで、ベースボールキャップの定番からちょっと冒険心があるものまで豊富に取りそろえています。サイズが調整できるタイプもあるので、欲しいアイテムがきっと見つかることでしょう。

大人向け「おさえておきたい、ベースボールキャップのかぶり方」

「自分の気に入ったキャップが見つかったけど、かぶり方がわからない…」という理由から、敬遠してしまうのはもったいないことです。普段帽子をかぶらない方でも、ポイントさえ押さえてしまえば簡単に自分のものにすることができます。ここでは、押さえておきたいベースボールキャップのかぶり方をご紹介します

ポイントは全体像をイメージすること

全体像をイメージする

大人スタイルでクールにベースボールキャップがハマれば、もっと自分に自信がつきます。子供っぽくならないベースボールキャップのかぶり方はコツをつかめば簡単です。ポイントを押さえていれば、それほど難しくはありません。

帽子は、全体のコーデのなかでも存在感のあるアイテムの一つです。かぶり方で子供っぽくも大人っぽくもなるので、まずはどんな印象を与えたいかを事前にイメージしておくことが大切です。

キャップを浅くかぶるか、深くかぶるかでも大きく違ってきます。ベースボールキャップは浅くかぶれば、表情を見せることができますので、暑苦しさを消すことができます。逆にキャップを深くかぶると眉が見えなくなりますので、クールでより男前な印象を与えることができます。

髪の毛は隠す?それとも出す?

またキャップをかぶるときに髪をどうするのか気になりますよね。特に前髪の有無で印象が変わってきます。定番である前髪をキャップの中に入れると、おでこと眉毛が目立つので男らしさが引き立ちます。なお、色や形はベーシックなものを選ぶとよいです。反対に前髪を出すと、より優しい印象になります。また前髪を出すことによって、顔の出る分量が少なくなるので、小顔効果が期待できます。特に髪のボリュームがある人におすすめのかぶり方です。

キャップに合う服装は?

難しく考える必要はなく、チェック柄のシャツとシンプルデニムにキャップをかぶれば爽やかな印象になります。
また、ネイビー系のキャップと同系色のシャツやコットンパンツを合わせることで、落ちついた大人を演出してみてはいかがでしょうか。よりカジュアルでラフな印象にしたい場合は、パーカにデニムを合わせてみるとGOOD。

ベースボールキャップはお宝?!コレクションとしてもおすすめ

ベースボールはコレクションにもおすすめ

ベースボールキャップの魅力に目覚めた方には、コレクションとしてもおすすめです。

ニューエラをはじめとするMLB(メジャーリーグ)公認ブランドには時期限定、あるいはチーム限定のロゴ&デザインがあしらわれたキャップが販売されています。最近では「カープ女子」や「オリ姫」などの女性の野球ファンの存在が話題になりました。それに伴って日本プロ野球チーム用のベースボールキャップも、数年前にくらべ格段に希少価値の高いものが販売されるようになりました。

球団の本拠地でしか販売されていないレアキャップや、周年記念キャップ、選手サイン入り限定キャップなど、野球ファンでなくても購買意欲をそそるものがあります。特に個数限定のキャップはのちのち価値が跳ね上がる可能性もあり、思いもかけない資産になるかもしれませんね。

大人のキャップコレクションの楽しみ方として、大人買いができることが学生時代とは大きく違う点です。いくらか金銭的に余裕が出てくるため、コレクション魂に火がつくのが早いのかもしれません。好きな球団がある方なら、「お気に入りの球団の限定商品を、全部まとめて購入!」という楽しみ方もあるのではないでしょうか。
ベースボールキャップは、ファッション以外にもコレクションとしても楽しめるのが他にはない魅力でもあります。野球ファン同士の集いで話題になったりするでしょうし、キャップがきっかけで友人ができることもあるかもしれません。そう考えると、また新しい楽しみ方の一面が見えてきます。

おわりに

今回は、大人向けのベースボールキャップの選び方やかぶり方の他に、ベースボールキャップをおすすめする理由をご紹介しました。 ミュージシャンからタレント、モデルまで、ベースボールキャップ愛用者は大勢います。今や、ベースボールキャップは子供だけのものではなく、大人のファッションアイテムの1つだといえます。子供がかぶるのとは違い、大人ならではのベースボールキャップコーデを楽しみましょう。素材から、形、デザインにもこだわった信頼のブランドを選べば、やっぱり、ニューエラが選択肢の一つになるのは間違いありません。この機会に探して見てはいかがでしょうか。

Recommended Category

  • MLB

    ニューヨーク・ヤンキースのキャップをはじめ、MLB(メジャーリーグ)キャップの商品一覧

  • 47Brand CAP

    ファッションアイテムとして幅広く愛用できるブランド「47Brand(47ブランド)」の商品一覧

  • NEW ERA CAP

    MLB唯一の公式選手用のキャップオフィシャルサプライヤー「NEW ERA(ニューエラ)」の商品一覧

Other Locker Room

  • Vol.16

    ニューエラキャップを着こなそう!帽子のかぶり方10選

  • Vol.15

    ツバのシールは剥がさない?ニューエラのキャップシールの意味

  • Vol.14

    キャップのツバは曲げてもOK?ニューエラのツバがまっすぐの理由

SHARE:
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加